2006年01月 北海道の壁紙 

記憶の中の情景~北海道の壁紙

きっと巡り会う。いつか見た懐かしい風景・・ 北海道風景写真のデスクトップ壁紙を無料配布しています 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「秋の光」~屈斜路湖畔で見つけた落ち葉

「秋の光」~屈斜路湖畔で見つけた落ち葉



2003年9月20日。
忘れもしないデジタル一眼レフ「EOS kiss Digital」の発売日。
1ヶ月も前から予約し、指折り数えて発売を待った私は、
念願だったそれを手に入れたらすぐに撮影の旅に出た。
当時札幌に居た私は道東の観光地を巡り、屈斜路湖の
砂湯に辿り着き、そこで、この落ち葉を発見した。
秋のもの悲しい枯れ葉なのに、差し込む光は何故か希望に
満ちあふれていた。
そして、風景を観光ガイドのようにしか撮れなかった私の
分岐点ともなった記念の作品。
昨年の秋に寿命のためそのカメラは天命を全うしたが、
今は色違いのEOS kiss Digitalが意思を次いで活躍中である。
(2003年9月撮影)


*人気blogランキングに参加しています
スポンサーサイト

「キガラシに染まる」~小清水町の菜の花畑

「キガラシに染まる」~小清水町の菜の花畑



菜の花と言えば春の花という印象があるが、
道東の「キガラシ」と呼ばれる菜の花は秋に咲く。
網走方面から斜里方面に抜ける国道や道道の周りには
このような一面黄色に染まるキガラシ畑があちこちに
広がっている。この写真は小清水町で撮影。
間もなく秋本番を迎える道東の大地に鮮やかな彩りを
添えている。
(2005年9月撮影)


*人気blogランキングに参加しています

「オレンジ色に包まれて」~札幌・滝野すずらん公園の紅葉

「オレンジ色に包まれて」~札幌・滝野すずらん公園の紅葉



北海道の紅葉の名所を挙げろと言われると、
真っ先にこの札幌滝野すずらん公園が浮かぶ。
実際は全道各地に素晴らしい紅葉の名所がたくさん
あり、順位などつけられないのだが、
私がそう思ってしまうほど、この年のここの紅葉は
美しく鮮烈だった。
駐車場からアシリベツの滝までの約1キロの散策路。
その周りには様々な色に色づいた木々が立ち並んでいるが、
その中でもひときわ鮮やかに輝いていたのがこの木。
肌寒い季節だったにもかかわらず、暖かいオレンジ色の
光に包まれているような気がした。
(2003年10月撮影)


*人気blogランキングに参加しています

「遥かなる国後」~知床・羅臼町から海を望む

「遥かなる国後」~知床・羅臼町から海を望む



知床半島の南岸にある漁業の町・羅臼。
その海岸からは、北方領土の島・国後島が見える。
距離にして約25km。
6月、天気が良かったので羅臼の町を散策した。
知床の真ん中に位置していながら、この町は
観光地っぽくなく、生活感が溢れている。
そんな雰囲気を楽しみながら2時間の散策。
海と空は青く、
遥かなる国後は雄大だった。
(2005年6月撮影)


*素敵な写真がいっぱいです【写真(風景・自然)ランキング】

「濤沸湖の夕陽」~小清水町の夏

「濤沸湖の夕陽」~小清水町の夏


網走近郊の町・小清水町。
そこにある濤沸湖(とうふつこ)の横を通りかかったとき
あまりにもキレイな夕焼けが見えたのでパシャリ。
この濤沸湖は、アイヌ語で「チカンプトウ」と呼ばれており、
「鳥がいつもいる湖」という意味らしい。それほど、
いろいろな野鳥がやってくる楽園なのである。
また、国際的にも重要な湿地帯ということで2005年11月、
ラムサール条約にも登録された。
(2005年6月撮影)


*人気blogランキングに参加しています

「ユリのココロ」~小清水町・リリーパークのユリ

「ユリのココロ」~小清水町・リリーパークのユリ



先日も紹介した小清水町のリリーパーク。
敷地内に700万輪のユリが咲き乱れる公園である。
残念ながら行った時期が早かったために、群れを
成して咲くユリの姿を撮ることはできなかったが、
このような鮮やかな色彩を楽しむことができた。
(2005年7月撮影)


*人気blogランキングに参加しています

「湖岸に遊ぶ」~知床五湖の鹿

「湖岸に遊ぶ」~知床五湖の鹿



昨年6月、まだ世界遺産候補だった頃の知床に行った。
あいにくの天気で、雨は降っていなかったが霧が出ており、
雄大な風景を眺めることは出来なかったが、
最後に訪れた知床五湖は、その霧のおかげで幻想的な
雰囲気を醸し出していた。
一湖~五湖まである知床五湖。これは一湖の湖畔で
遊ぶ鹿を見つけてシャッターを切った写真。
カラー写真とは思えないほどのモノトーンの世界に、
何とも言えない情緒を感じた。
(2005年6月撮影)


*風景写真を探すなら【写真(風景)ランキング】

「ふたつの阿寒富士」~足寄町・オンネトーの水鏡

「ふたつの阿寒富士」~足寄町・オンネトーの水鏡



北海道3大秘湖のひとつ・足寄町のオンネトー。
雌阿寒岳と阿寒富士の麓でひっそりと息を潜めている。
この日はとても天気が良く風もほとんどなかったため、
湖面も穏やかで、まるで鏡のように阿寒富士を映していた。
湖の中にもうひとつの世界があるような気がした。
(2003年9月撮影)


*ブログランキングに参加しています【人気blogランキング】

「霧多布湿原」~浜中町・琵琶瀬展望台からの風景

「霧多布湿原」~浜中町・琵琶瀬展望台からの風景



浜中町の琵琶瀬展望台は南側に太平洋、北側に
広大な霧多布湿原が見えるという360度の絶景が
楽しめるところである。
この霧多布湿原は3,168ヘクタールの面積をもつ
日本で5番目の大きさの湿原。
中央部の「霧多布湿原泥炭形成植物群落」は国の
天然記念物に指定されており、学術的にも貴重な
湿原らしい。
(2005年8月撮影)


*ランキングに参加しています「写真blogランキング」

「佇む」~別海町野付半島の丹頂鶴

「佇む」~別海町野付半島の丹頂鶴



丹頂鶴といえば、釧路湿原や鶴居村が有名だが、
意外と広い範囲で生活しているらしい。
トドワラで有名な別海町の野付半島にも丹頂鶴が居たので驚いた。
野付半島はオホーツク海に鳥の足状に飛び出した巨大な砂州
だが、その海岸で何かを捕っていたのだ。
この日、野付半島は霧。
その視線の向こうには何があるのか。。。
この幻想的な風景に佇む丹頂鶴は美しく、そして、
どことなく寂しそうに見えた。
(2005年6月撮影)


*素敵な写真がいっぱいです【写真blogランキング】

「静寂(しじま)」~七飯町・大沼の夕暮れ

「静寂(しじま)」~七飯町・大沼の夕暮れ



秋、夕陽を撮りに大沼へ行ったときのこと。
無事夕陽を撮り終わり、機材を片づけてクルマを走らせたとき、
偶然この風景に出会った。
誰もいない入り江に差し込む夕焼けのオレンジ色。。。
静まりかえった湖面は美しく輝き、まるで一枚の絵画のよう。
時が止まったようにしばらくの間、ぼ~っと眺めた。
それは、このすばらしい風景を独り占めした、
とても贅沢な時間だった。
(2004年10月撮影)


*風景写真を探すなら「写真blogランキング」

「青空に向かって」~上湧別町・チューリップ公園

「青空に向かって」~上湧別町・チューリップ公園



以前も紹介した上湧別チューリップ公園。
120万本のチューリップが咲き乱れるすばらしい公園である。
チューリップの本場・オランダを思わせる風車が印象的で、
それを見上げるアングルで一枚パシャリ。
チューリップたちが青空に向かって見事に咲いている。
地面すれすれからファインダーを覗いて撮影したため、
そのショットでちょっと腰をおかしくした(笑)
(2005年5月撮影)


*ブログランキングに参加しています【写真blogランキング】

「神の湖水2」~清里町・神の子池の神秘

「神の湖水2」~清里町・神の子池


神の湖・摩周湖の伏流水でできているため、「神の子池」と
呼ばれている清里町の湖。森の茂みの中にひっそりと
息を潜めているため、近年まで発見されていなかった秘境。
水の成分か湖底の地質に寄るものかわからないが、
不思議なエメラルドグリーンの輝きを放っている。


最近は観光バスも来るようになり、大勢の観光客が
訪れるようになったが、秘境はいつまでも秘境らしく
あって欲しいと祈る。

(2005年6月撮影)


<参考>
「神の湖水」~清里町・神の子池


*ブログランキングに参加しています

「木の墓場」~野付半島・トドワラの風景

「木の墓場」~野付半島・トドワラの風景



それは、自然のいたずらか、それとも、栄華の末路の暗示か・・・
まさに「地の果て」という表現が相応しい場所・別海町野付半島のトドワラ。
昔は普通のトドマツ林だったらしいが、潮風に晒され、海水が浸食し、
このように朽ち果ててしまっている。
この日は霧が深く、遠くまで見渡せなかったが、
地平線までずっとこのような荒野が続いている。


こんな植物すら育たない不毛の地だが、
その昔、この地に遊郭などが建ち並ぶ歓楽街があったという。
その名は「キラク」。今から200年前の話。
しかし、その街があったことを証明する文献は残念ながら無い。
まさに幻の街。。。。
今は寂しい潮風が吹き抜けていくだけである。
(2005年6月撮影)


*素敵な写真がいっぱいです【写真blogランキング】

「ポピー」~上富良野町の7月

「ポピー」~上富良野町の7月



「花人街道」と名付けられた美瑛~富良野の国道237号線。
ゼルブの丘、かんのファーム、日の出公園、ファーム富田・・・
7月はその最盛期でラベンダーを始め、たくさんの鮮やかな
花が各所に咲き乱れている。
それらの中でひときわ鮮やかな色彩を放っていたのがこのポピー。
行った時期がちょっと早くラベンダーはまだ3分咲きだったのだが、
この美しいポピーを見れただけでも訪れた甲斐があった。
(2005年7月撮影・かんのファーム)


*人気ブログランキングに参加しています。

カテゴリの一部変更について

いつも遊びに来てくださってありがとうございます。
おかげさまで毎日たくさんの人が訪れてきてくれて、
やっとこのブログも軌道に乗ったような気がしています。

でも、まだまだ序の口。壁紙枚数1000枚を目標に
頑張りますのでよろしくお願いします!

さて、現在の壁紙枚数が34枚。
カテゴリを見ると「花・植物がある風景」に偏っている
傾向がありましたので、新しくカテゴリ「花のマクロ写真」を
追加しました。
花だけじゃなく、植物のマクロ写真はすべてこのカテゴリに
分類していきますので、よろしくお願いします。

「まなざし」~日高・浦河町のサラブレッド

「まなざし」~日高・浦河町のサラブレッド


北海道・日高地方は全国一を誇る競走馬の産地である。
JRA・日本中央競馬で走っているほとんどのサラブレットは
この日高地方で生まれ、育っている。
この写真はその日高地方にある浦河町で撮影。
名前も知らない馬だが、人懐っこい馬で、私がクルマから
降りると、近くまで近づいていたので一枚パシャリ。
キレイな瞳の奥にこの馬の優しさが見えたような気がした。
(2003年11月撮影)


*ランキングに参加しています【人気blogランキング】

「霧多布ブルー」~浜中町・霧多布岬の春

「霧多布ブルー」~浜中町・霧多布岬の春



5月中旬、道東の観光地のひとつである浜中町の
霧多布岬を訪れた。5月の道東はまだ肌寒いく、
観光シーズンには早かったため、ほとんど人が
居なかったが、独特の青い海は私を暖かく迎えてくれた。
広大な青い空に、不思議な青さを醸し出している海・・・
このダイナミックな風景は北海道が誇る財産である。
(2005年5月撮影)


*風景写真blogランキング

「あいおい」~旧国鉄北見相生駅の駅舎

「あいおい」~旧国鉄北見相生駅の駅舎



1985年に廃止になった相生線の終点
「北見相生(きたみあいおい)駅」。津別町。
阿寒湖にもっとも近い駅であったが、主な用途は
林業用の木材運搬。
当初、阿寒湖経由で釧路と美幌を繋ぐ計画だったらしいが、
沿線産業の衰退と人口の減少により、それは夢に終わった。
現在は道の駅、そしてバスの待合所として、昔のまま
駅舎は保存されている。
(2004年8月撮影)


*ブログランキングに参加しています

「しずく」~新緑に落ちた雨・別海町

「しずく」~新緑に落ちた雨・別海町



北海道に梅雨はないが、6月の末頃は毎年
なんとなくジメジメする。
風景写真といえばはやりカラッと晴れた日に撮りたいのだが、
雨の日は雨の日で探せば被写体はいくらでもあるもの。
これは、酪農王国・別海町の温泉「郊楽苑」に日帰り入浴
に行ったときに駐車場の隅で発見した葉っぱ。
コロコロとした雨の水滴の中に、もうひとつの世界を感じた。
(2005年6月撮影)


*風景写真を探すなら【写真blogランキング】

「大空に羽ばたく」~知床・ウトロ港のカモメ

「大空に羽ばたく」~知床・ウトロ港のカモメ


世界遺産に指定された知床、そこにはまだ
原始の地球の姿が残されており、海は青く、
空は果てしなく澄んでいる。
そして、野生動物たちは人間に遠慮することなく、
我が物顔でノビノビと生活をしている。
ウトロ港で見上げた空には、カモメが気持ちよさそうに
飛んでいた。
(2005年8月撮影)


*「人気blogランキング」に参加しています

「つばさ」~鶴居村・伊藤サンクチュアリの丹頂鶴

「つばさ」~鶴居村・伊藤サンクチュアリの丹頂鶴



新春らしい壁紙と言うことで今回は丹頂鶴の写真。
釧路からクルマで約30分のところにある鶴居村には、
「鶴見台」「伊藤サンクチュアリ」の2カ所の大きな給餌場が
あり、冬になるとたくさんの丹頂鶴がやってくる。
この写真は伊藤サンクチュアリで1時間粘って撮った
翼を広げたシーン。コンマ数秒遅れてもこの姿は
撮れなかっただろう。
(2003年12月撮影)


*写真のブログを探すなら【写真blogランキング】

「オホーツクの夜明け」~標津町の海岸から朝陽を望む

「オホーツクの夜明け」~標津町の海岸から朝陽を望む


みなさま、2006年、あけましておめでとうございます。
本年のよろしくお願いします。


今年もバンバンと壁紙作成に励みたいと思います。
まずは1日1枚以上の更新。そして目標は1000枚!
「他の追従を許さない壁紙ブログ」を目指します!


さて、今回のアップ分からはサムネイル画像を大きく。
でも、残念ながら初日の出の写真ではなく10月に撮影した朝陽(笑)
知床の付け根に位置する標津町の海岸から眺めた風景で、
国後島のすぐ横に昇ってきたオホーツクの朝陽は見事だった。
(2005年10月撮影)


*ブログランキングに参加しています【人気blogランキング】

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

Monthly

Calendar

« | 2006-01 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



     [管理用]

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

しおん

命より大事なカメラを抱えて北海道を西へ東へ。
いつの日か北海道の風景写真集を出すのが夢。

当ブログは北海道のデスクトップ壁紙を無料配布しています。写真をクリックすると1024x768のサイズの画像がダウンロードできます。

【壁紙について】
ここで配布している壁紙はPCのデスクトップ壁紙として使用する場合のみフリー(無料)とさせていただいております。その他の用途で使用したい方はご相談ください。[メール]

Powered By The-Searchmiton2002.blog39.fc2.com/のPageRankを表示しています。
Google PageRank

 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。